【姫路城】見どころ・所要時間をわかりやすく解説【2時間がベスト】

一人旅
スポンサーリンク

姫路市にある国宝「姫路城」。

日本にあるお城の中でも、特に人気度が高い場所です。

 

今回は、姫路城の見どころ・所要時間・アクセスの3つを解説していきます。

見どころが多く、見学時間も多めに確保しておきたいスポットですね。

【この記事を読んで分かること】

◆姫路城見学の所要時間

◆特に注目しておきたい見どころ

◆姫路駅からのアクセス

スポンサーリンク

姫路城見学の所要時間は「2時間」

姫路駅から徒歩20分の場所にある姫路城。

そんな姫路城の見学には「約2時間」かかります。

 

個人差はありますが・・・

・天守閣:40分

・西の丸:30分

・姫路城の周りを散策:40分

これぐらいの時間で見学すると、じっくりと楽しむことができます。

 

秋から冬にかけては、閉門時間も早まります(17時閉門)。

そのため、遅くとも15時までには入場しておきたいですね。

姫路城の見どころ・歴史

姫路城は、有力な武将たちによる改修が繰り返されて現在の形になりました。

 

その歴史は1333年、武将の赤松氏が姫山に砦を築いたところから始まります。

1580年には、羽柴秀吉(豊臣)が改修して三層の天守閣が完成。

関ヶ原の戦いの後は、池田輝政が城主に。

池田氏の時代にも改修され、その後城主になった本多忠政の改修により、現在の形になりました。

城内には武器を置くための場所も残っている

改修の繰り返しで、現在の立派な姿になったお城ですね。

近年では「平成の修理」も行われ、保存状態のいいお城です。

(空襲や地震にも耐えてきたことは奇跡的!!)

日本で最初の世界文化遺産に指定されたことでも有名ですね。

 

 

そんな歴史を持つ姫路城ですが、見どころは数多くあります。

その中でも、実際に訪れてみて感じたおすすめの見どころを3つ紹介します。

見どころ①魅力あふれる大天守

姫路城の天守閣は「現存12天守」の一つです。

その12天守の中でも、特に美しさを感じられるのが姫路城の天守閣です。

 

◆天守閣の規模が大きく、力強さを感じられる

◆白に塗られた城壁は太陽の光が当たると芸術的

◆見る角度によって違った美しさがある

こういった魅力のある天守閣ですね。

特に「見る角度によって美しさが変わる」というのは、姫路城の天守閣の特徴です。

真下から見上げると力強さを感じます。

一方で、西の丸付近から遠目で見ると、スリムで美しく感じられます。

様々な角度から見て、違った見え方のする姫路城を撮る。こういった楽しみ方ができるのも、姫路城の魅力です。

 

こうした魅力のある天守閣は、多くの人を魅了する一番の見どころです。

見どころ②戦の時代の名残|防御システム

鉄砲を撃つための穴「狭間」

姫路城の見どころには「戦の時代ならではの防御システム」もあります。

 

特に目につきやすいものが「狭間」です。

この穴から鉄砲・弓矢を放ち、城壁の下にいる敵兵を狙い撃ちにします。

他には「石落とし」も有名な仕掛けの一つ。

ここから石を落とすことで、敵兵にダメージを与えます。

大天守へ続く門は、わざと入り口を小さくしている

また、大天守に向かう道にも工夫が

大天守への道は、曲がり角の連続。たとえ敵兵がお城に攻め入っても「大天守になかなか辿り着けない…」となるのを狙っていますね。

さらに、門にも特徴があります。

例えば「ほ」の門では、わざと入り口を狭くして、敵兵が一人ずつしか入れなくしています。

 

このように、防御システムが幾重にも張られたお城が「姫路城」です。

特に「門の構造・大天守への道すじ・狭間」の3つに注目してみると、姫路城の防御の硬さを知ることができますよ!

 

ちなみに、姫路城には「姫路城大発見アプリ」があります。

これはスマホアプリで、城内の特定の場所でAR・CGを使った解説を見ることができるというもの。

無料なので、姫路城に行くときはチェックしておきたいアプリですね。

見どころ③場所によって形の異なる石垣

場所によって石垣の積まれ方が違う(写真は大天守の石垣)

姫路城には複数の種類の石垣があります。

 

◆羽柴秀吉時代・・・野面積み(自然の石をそのまま積み上げたもの)

◆池田輝政などの時代・・・隙間が少なくなるように加工した石を使った石垣

 

姫路城見学の時は、この2種類が目に入るはずです。

しかし、この2つの石垣は形が大きく異なります。

秀吉の時代の方が「より自然な状態の石を使って組み上げた石垣」になっていますが、池田輝政の時代は「より美しさのある石垣」になっています。

 

同じお城でも、違った種類の石垣を楽しめることも姫路城の魅力です。

天守閣の方に目が行きがちですが、縁の下の力持ち「石垣」にも注目ですね。

【アクセス】姫路駅から徒歩20分

姫路城へは、姫路駅から徒歩20分で行くことができます。

駅からまっすぐ伸びる道をひたすら歩くだけなので、迷うことはないと思います。

 

道中にはコンビニもあり、一本右の通り(大阪寄り)にはアーケード街もあります。

ここには「とんかつ店」や「居酒屋」、「ラーメン店」など様々な飲食店があるので、このアーケード街でご飯を食べていくのもおすすめです。

営業時間・入場料

2020年8月時点で、営業時間・入場料は下のようになっています。

 

【営業時間】

・9時00分〜16時00分まで(閉城17時00分)

・4月27日〜8月31日:9時00分〜17時00分まで(閉城18時00分)

 

【入場料】

・大人:1000円

・小人(小中高生含む):300円

日本で最も魅力あるお城「姫路城」

日本にはお城がいくつもありますが、中でも姫路城は特に魅力のあるお城です。

美しさはもちろん、お城としての防御システムもしっかりしていますし、保存状態もいい。当時の面影を感じることができます。

 

新幹線も停車する姫路駅から、徒歩20分で行けるという立地の良さもあります。

これまで城に興味がなかった人でも「お城めぐりしてみようかな!」と思わせてくれるお城でもあります。

日本に住んでいるなら一度は訪れておきたい!」といえるおすすめ名所ですよ!

 

◆姫路観光のモデルコース・おすすめスポットはこちら◆

【姫路ひとり旅】一泊二日のおすすめモデルコース・予算を紹介【旅行記】
こんにちは、わんらぶです。 国宝「姫路城」がある兵庫県姫路市。 2020年の春に、人生初の姫路ひとり旅をしてきました。 今回は、そんな姫路のおすすめ名所・モデルコースなどを紹介していきます。 ◆一泊二日の予算 ...

コメント

  1. […] 【姫路城】見どころ・所要時間をわかりやすく解説【2時間がベスト】姫路… […]

  2. […] 【姫路城】見どころ・所要時間をわかりやすく解説【2時間がベスト】姫路… 一人旅 城めぐり 旅行 姫路城 スポンサーリンク シェアする Twitter Facebook はてブ Pocket わんらぶをフォローする わんらぶ わんらぶログ […]