はてなブログでアクセスアップする10のコツ【月30万PVが教える】

ブログ運営
スポンサーリンク

「はてなブログを始めたけど、なかなかアクセス数が伸びない。。。」

僕もブログを始めた頃は、PVが伸びずにいろんなサイトを見ていた覚えがあります。

 

しかし、今では月30万PVほどのブログに成長。

この記事では、僕がはてなブログを4年ほど運営してきて分かった「はてなブログでアクセスアップさせるコツ」を書いていきます。

ステップに分けて紹介するので、目次の順番で行っていくとスムーズに確認できます。

 

アクセス数で悩んでいる方は、参考にしてみてください!

 

【この記事を読んでわかること】

・はてなブログでアクセス数を増やす具体的なコツ

・すぐに実践できるアクセスアップへの工夫

スポンサーリンク

ブログで書くことを明確に決める

まず初めにやってほしいことは「ブログで書くこと(テーマ)を決める」ということ。

 

はてなブログでは、雑記ブログを書く人も多いと思います。

雑記ブログは様々なことを書けるので、ネタに困らないというメリットがあります。

一方で、あまりにも関係ないことを書いていると、統一感のないブログになるデメリットも。

 

ブログではテーマを統一した方がいいです。

関連記事を読んでくれる人が増え、アクセス数も増えますからね。

ブログでアクセス数を増やすには、記事の統一感が大事です。

 

しかし、分かっていてもブログは色んなことを書きたくなる場所。

気付いたら「わー、こんなにたくさんのジャンルを書いてたw」ということが頻繁に起こります。

これを防ぐためにも、最初からテーマを決めてそれについて書くことが重要です。

 

なお、テーマは3つがおすすめ

3つなら統一感も出せますし、ネタ切れも起こりにくいからです。

ちなみに、僕のはてなブログは「ゲーム・ガジェット・サッカー」で構成されています。

 

テーマの見つけ方は、次の記事で詳しく解説しています。

【書くことがない?】ブログのテーマを見つける3つの方法・考え方
「ブログを始めたいけど、何を書けばいいのやら・・・」 ブログ未経験の方の中には、そう感じる人も意外といます。 この記事では、そういった方向けに「ブログのテーマを簡単に見つけるための方法・考え方」を書いていきます。 ...

そのテーマは需要があるのか調べる

需要のないテーマを書いていても、アクセス数は伸びません。

あまりにもニッチな話題などがそれに当たります。

 

テーマを決めたらまずは需要の調査をして、どれぐらいの人に読まれるかの目安を把握

最も簡単なツールは「Aramakijake.jp」。

このツールは無料で使うことができ、検索数などをすぐに調べることができます。

 

他には「キーワードプランナー」もおすすめ。

会員登録が必要ですが、無料で使えます。

こちらは、より詳しいデータを知ることができるツール。関連キーワードも調べられ、利用している人も多いですね。

 

ツールを使って、自分の決めたテーマが需要のあるものかをチェックする

これも、アクセスアップには大事な作業です。

記事を書く前にキーワードを調べる

「Macのスクリーンショット」の記事なら「保存先」を書くとアクセスされやすい

書くことが決まったら、次は「関連するキーワード」を探しにいきましょう。

 

これはとても簡単で、Googleの検索バーに「〇〇(自分の書くこと)」と入れて調べるだけ

すると、予測変換にキーワードの候補が出てきます。

このキーワードは、実際に検索されている単語が表示されます。需要がある単語だということです。

 

需要のあるキーワードがわかったら、メモしておきます。

そして記事を書くときに、タイトルもしくは見出しにキーワードを入れる

こうすることで検索にもヒットしやすくなり、アクセスしてくれる人も増えてきます。

 

また、Google検索ではタイトルの32文字目までが表示される。これめっちゃ大事!

32文字目までにキーワードを入れておくと、検索順位にも大きく影響します。

32文字目までに大事なキーワードは入れよう」ということは、特に覚えておいてください。

関連記事を考える

ここまで「一つの記事を書くコツ」を紹介しました。

ここからは、そういった一つの記事をブログ全体で繋げていく方法を解説していきます。

 

まずは「関連記事を書く」。

 

具体例を挙げると、こういう考え方。

「ドラクエ11のレビュー」を書いたぞ!

次は「攻略法」を書こう!そういえばドラクエは過去作全てプレイしたな。

そしたら「ドラクエシリーズのおすすめランキング」も書けるな!

 

こんな感じで、関連記事を作るとそれぞれの記事が組み合わさって、強力なコンテつになります

するとブログにも統一感が生まれ、アクセス数もアップ。

サイトの評価も上がっていきます。

 

次に紹介する「まとめ記事」は、関連記事の中でも特におすすめな方法です。

まとめ記事を作る

よくネットで検索すると「おすすめな〇〇10選!」というタイトルの記事、見かけますよね。

あれを僕は「まとめ記事」と読んでいます。

 

まとめ記事は、需要のあるジャンルのことを書くとアクセスされやすいです。

例えば「国内旅行のおすすめ温泉地10選」とかですね。

こういった記事はアクセス数も伸びやすいので、ある程度記事がたまったら書くべき。

 

しかし、いきなり書いてもうまくいきません

まずは書きたいまとめ記事をイメージ。ここでは「おすすめ温泉地10選」としておきます。

すると、その記事内で紹介したいコンテンツが10個思い浮かぶと思います。

そうしたら、その10個のコンテンツを詳しく紹介した記事を書く。

その後、まとめ記事を書く。

 

こうすることで、まとめ記事も10個の関連記事で強化されます

検索にも強くなり、アクセスアップに繋がる。こんな流れになっています。

 

コンテンツを書き、それらをまとめた記事を仕上げで書く

これもアクセス数を伸ばすには重要なことです。

ハウツー記事を書く

まとめ記事と同じぐらい「ハウツー記事」も伸びます。

 

「記事をある程度書いて、まとめ記事も書いた。でもアクセス数が伸びない」

そういった方は、ハウツー記事もおすすめ。

 

書くことは、自分が以前困ったこと。これが一番書きやすいです。

そのことを徹底的に調べ、その知識を還元する。

ハウツー記事は書いてみないと需要があるかは分かりづらいですが、伸びる時はグッと伸びます

僕も、あるアプリの使い方を書いたら急激に伸びましたから。

 

「まだハウツー記事を書いていない」

そんな方には、ハウツー記事をおすすめします。

関連記事を貼る

ここからは、すぐにできるアクセスアップの方法を。

 

まず「関連記事を出来るだけ貼る」。

記事の最後や本文中に、関連する記事を貼っておく。

すると、そこから他の記事を見てくれる人も増えやすいです。

 

関連記事を貼っておくと、ブログ全体のアクセスアップにつながります

デザインをスマホに最適化する

最近はスマホからブログにアクセスする人が、全体の7割ぐらい。

それだけ数多くいるので、ブログデザインはスマホに最適化しておくことがおすすめ。

 

はてなブログには「レスポンシブデザイン」があります。

これは、スマホにも最適化されたテーマのこと。

このレスポンシブデザインのテーマを使うと、スマホ画面もきれいにまとまります。

 

ブログは見栄えも大事です。

見やすさは、アクセス数にも影響します。

画像を適度に使う

文だけの記事は、読んでいて単調になりがち。

それを防ぐために画像を入れた方が、読みやすい記事になります

 

目安としては、見出しひとつに画像をひとつ

こうすると記事も見やすくなり、読んでいて快適なブログになります。

「はてなブログPro」を使う

本気でアクセス数を上げていきたい方は、有料プラン「はてなブログPro」に入るべき。

それは「制約がなくなるから」「やる気が出るから」の2つの理由。

 

はてなプログProにすると、スマホデザインのカスタマイズが自由にできます。

無料プランの時より細かく調整できるので、もっとスマホに最適化されたブログを作ることが可能に

 

また、料金を払ったことで「元を取るぞー!」とやる気になりやすいです。

 

本格的にアクセス数を増やすなら、制約がなくやる気にもなりやすい「はてなブログPro」がおすすめです。

【まとめ】考えながら書くことが大事

ここまでの内容をまとめます。

①ブログで書くことを決める(3ジャンルぐらいだと書きやすい)

②自分の書くテーマの需要を調べる(需要のあるテーマを調べる)

③記事を書く前に、関連するキーワードを調べておく

④記事同士をつなげる「関連記事」を作る

⑤記事がたまってきたら「まとめ記事」を作成

⑥「ハウツー記事」は読まれやすいので、積極的に書く

⑦関連記事を貼って紹介する

⑧ブログデザインは、スマホに最適化

⑨記事では画像を適度に使って、見やすくする

⑩「はてなブログPro:にすると、やる気も出やすい

 

ブログを始めたら、まずは記事数を増やすことも大事です。

しかし、ただ何も考えずに記事を書いていても、アクセス数は増えにくい。

キーワードを調べたり、読まれやすい記事を書くことも大切です。

 

この記事が、アクセス数で悩んでいるはてなブロガーの参考になれば嬉しいです!

 

ではでは、バイなら!!

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]