Huluのメリット・デメリット!海外ドラマ好きが長期間加入して感じたこと

Hulu
スポンサーリンク

Huluに加入して2年経ったわんらぶです。

僕は主に海外ドラマを視聴していますが、この動画配信サービスは全体的に使いやすいなと感じます。

 

そこで今回は「長期間使っていて感じたHuluのメリット・デメリット」を書いていきます。

「Huluが気になっているけど、評判以外にユーザー目線の意見も知りたいな」という方は、参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

Huluのメリット

まずはHuluのメリットから。

海外ドラマに強い」「アプリが使いやすい」、特にこの2つがHuluの大きな特徴ですね。

料金は933円+税で5万本以上の作品が見放題

Huluは、料金が月額933円+税

この金額を払えば、すべての作品が見られるシステムです。作品数は、現在5万本以上が視聴可能

 

これはお得な料金設定だといえます。

ライバルサービスの「Netflix」や「UーNEXT」と比較しても、作品数では劣らない。でも料金は数百円も安いからです。

むしろ「1,000円ちょっとで、ここまで見られるのか!」と感じるコスパの良さですね。

画質が綺麗でフルHDに対応|回線速度には注意

Huluは、ネットに接続して視聴するタイプの動画配信サービスです。

ネット接続なので映像の綺麗さは気になるところですが、Huluの画質は充分綺麗フルHDにも対応しています。

回線速度さえ満たしていれば、DVD以上の高画質で視聴できるということです。

 

回線速度については、公式HPで次のようにアナウンスされています。

  • パソコン:下り速度 6Mbps 以上を推奨
  • スマートフォン/タブレット:下り速度 3Mbps 以上を推奨
  • テレビ/ブルーレイプレーヤ/ゲーム機/メディアプレーヤー:下り速度 6Mbps 以上を推奨

目安としては、これぐらいの速度が必要。

加入を検討している方は、事前にスマホの通信速度チェック機能を使って調べておきましょう

海外ドラマの数が多い

Hulu最大のメリットは「海外ドラマの数が多い」こと。

世界的な高評価をえた人気作が揃っているのも、Huluならではの特徴です。

 

それに加えて、ジャンルも豊富

アクションやサスペンスなどジャンルも多彩です。

そのため、これまで興味のなかった種類のドラマも目に入ってきやすい。これは新たなジャンル開拓という意味でも、メリットだといえます

 

海外ドラマの作品数が多く、ジャンルも豊富

これはHuluならではのメリットですね。

「おすすめ作品特集」で興味を引く作品を見つけやすい

Huluのメニュー画面では「Pick UP!」など、おすすめ作品が特集されています

これが意外と使いやすい。

ジャンル・テーマごとにうまく分類されているので、次に見る作品探しをするときに便利な機能です。

 

またこの特集機能は、キャッチフレーズも興味を引かれるものになっています。

それにより、今まで見たことのなかったジャンルの作品にも興味を持たせてくれますね

 

他のサービスでも、このような特集はあります。でも、Huluよりキャッチフレーズが微妙だったり、選び方が今ひとつ。

メニュー画面のおすすめ作品の特集については、Huluが優れているのでメリットだといえますね。

定期的に新規作品が更新される

定期的に新しい作品が配信開始されるのも、Huluのメリット。

これまで国内未配信だったドラマが、Huluで日本初放送されることも多々あります。

 

Huluを頻繁に視聴するようになると「この作品はもう見たなぁ…」と、少しずつ見たい作品が減ってきます。

そんな悩みを新規作品は解決してくれるので、新規作品が定期的に配信されることは嬉しいポイントですね。

リアルタイム番組が面白い【ナショナルジオグラフィック】

Huluに加入すると「リアルタイム番組」を見ることができます。

これはネット番組のようなもので、リアルタイムで番組を配信中。

 

主なチャンネルがこちら→

◆FOXチャンネル(ドラマ番組)

◆ナショナルジオグラフィック(ドキュメンタリー番組)

◆BBCチャンネル(英語ニュース番組)

 

特におすすめなチャンネルが「FOXチャンネル」と「ナショナルジオグラフィック」。

 

「FOXチャンネル」では、海外ドラマが24時間配信されています。

そして最大の特徴が、日本最速配信の番組も多いこと

FOX系列のドラマは、このチャンネルで国内最速配信することも多いです。

 

また「ナショナルジオグラフィック」の特徴は、様々なテーマのドキュメンタリー番組を放送していること。

宇宙・動物・歴史など、番組のテーマは実に幅広いです

ジャンルが偏っていないので、様々な人が楽しみやすいドキュメンタリーチャンネルですね。

 

他にも、英語学習にも役立つBBCニュースも見られます。

 

Huluには、こういった質の高いリアルタイム番組があります

これもHuluに加入するメリットの一つです。

 

◆リアルタイム配信を見る方法はこちらで解説しています:Huluのリアルタイム配信とは?テレビ・アプリでの見方と注意点

動画・アプリもサクサク動く

アプリ・動画もサクサク動くことは、Huluのメリット。

 

Huluの場合だとPCではブラウザ、それ以外に端末ではアプリを使って視聴します。

ブラウザ・アプリともにサクサク動きます。回線速度が遅いと多少は読み込みが遅くなりますが、それ以外は問題なし。

他の動画配信サービスのアプリと比べても、動作については劣っていません。むしろ快適な方ですね。

複数の端末で履歴・お気に入りが共有できる

最近ではおなじみでの機能になりましたが、Huluでも視聴履歴は複数の端末で共有できます

外出中にスマホで視聴し、帰ってきたらテレビでその続きを見る。こういったことがスムーズに行えるのは、Huluのメリットです。

 

また「お気に入り機能」もあります。これは、気になる作品をリストで保存できるというもの。

このお気に入り機能のデータも、端末間で共有されます。

スマホで気になる作品があったらお気に入りに保存。そして、時間ができたらスマホでもテレビでも、すぐにお気に入りの作品にアクセスして視聴開始。

こういった使い方ができる「お気に入り機能」があるのも、Huluのメリットですね。

対応端末の豊富さ|PS4でも見られる

Huluは様々な端末で視聴できます

 

Android TV・Apple TV・Fire TVなどのテレビ関係をはじめ、スマホやタブレット、さらにはPS4でも視聴可能です。

詳しい対応機器一覧はこちら:https://www.hulu.jp/devices/

 

また、それぞれの端末に最適化されているのも良いポイント

マイク対応のテレビなら音声検索もできます。PS4でも、コントローラーの操作に適したメニュー画面になっています。

 

対応機器の豊富さとそれぞれの機器での操作性のよさも、Hulunoメリットといえますね。

 

◆Huluをテレビで見るのは意外と簡単!詳しい方法はこちら:Huluをテレビで見る6つの方法|最も安く済ませるコツ・繋げ方も紹介

ダウンロードにも対応|オフライン再生可能

スマホ・タブレットのHuluアプリでは、作品をダウンロードすることが可能です。

これにより、通信料を気にせず外出中も番組を見られます。飛行機などのオフライン時にも再生でき、とても便利な機能です。

 

なお、ダウンロードに対応している作品には「ダウンロードアイコン」が付くので一目でわかります。

ダウンロードもそのアイコンを押すだけなので、とてもシンプルな仕様になっていますね。

Huluのデメリット

Huluには大きなデメリットはありません。それぐらい質の高いサービスです。

 

ただ「ここを改善してくれれば、もっと良くなるだろうな」と思う部分もあります。

また「ここはちょっと残念だ」と思うことも。

 

ここからは、そういったデメリットをいくつか書いていきます。

4Kや7.1chサラウンド/5.1chサラウンドには未対応

4K画質とサラウンドに対応していないこと」はデメリットのひとつ。

 

ライバルサービスの「Netflix」では、すでに4K画質やサラウンドに対応しています。

 

これからの時代、より高画質・高音質なコンテンツが他のサービスでも増えてくるはず。

それだけに、Huluには出来るだけ早く4K・サラウンドに対応してもらいたいですね。

洋画の充実度

海外ドラマについては、充実度は素晴らしいHulu。

しかし、洋画をはじめとした映画コンテンツはそこまで強くないです。

 

最新作はあまり配信されていません。ラインナップも、以前配信されていた作品を再配信する場合が多いです。

海外ドラマの充実度は素晴らしいHuluですが、映画は他のサービスと比較すると少なめです。

視聴可能期限がある

Huluではすべての作品が見放題、ではあるものの「視聴期限」があります。

この期限が過ぎると、自動的にHuluから作品が削除され視聴できなくなってしまいます。

視聴期限は作品ごとに違っていて、番組によっては3ヶ月ほどで期限を迎えることも。シーズン数が多いドラマだと、急ぎ足で見る必要も出てきます。

 

視聴期限があることは仕方のないことです。

でも期限があることで、それまで視聴していたドラマを見終えるできないことも多々あります

これはデメリットのひとつですね。

同時視聴できる台数に制限がある

Huluでは、一つのアカウントに複数台の端末を登録できます

しかし、同時視聴できるのは一台のみ

 

家族でHuluアカウントを共有していると、リビングで家族がテレビで視聴。自分はPCで視聴したい。こんな場面が出てくると思います。

この場合、一台のみでしか視聴できません。そのため、どちらかが視聴できなくなります。

複数人で一つのHuluアカウントを共有したい人にとっては、同時視聴が一台というのはデメリットになる点ですね。

【まとめ】使い勝手がよくコンテンツも充実したサービス

Huluにはデメリットもありますが、メリットの方が多いです。

 

具体的には、以下のような良さがあるサービスです。

◆アプリやメニュー画面の操作性がよく、使い勝手がいい

◆海外ドラマのコンテンツが充実している

 

2年ほどHuluに加入していますが、新しい作品も定期的に入ってきます。おかげで飽きにくいことも良いポイントですね。

この記事が、動画配信サービス選びの参考になれば嬉しいです。

 

ではでは、バイなら!!

コメント

  1. […] ◆Huluのメリット・デメリットは次の記事で細かく紹介しています:Huluのメリット・デメリット!海外ドラマ好きが長期間加入して感じたこと […]

  2. […] ◆Huluにはどんなメリットがある?詳しくはこちら:Huluのメリット・デメリット!海外ドラマ好きが長期間加入して感じたこと Hulu VOD Hulu Huluチケット VOD スポンサーリンク シェアする Twitter Facebook はてブ Pocket わんらぶをフォローする わんらぶ わんらぶログ […]